福島市 ハンドメイド販売よりもっと楽しく楽に稼げる主婦向け内職紹介!

福島市でのハンドメイド販売が上手く稼げない人とは?

 ハンドメイドの商品を販売するにあたり大切な事は、商品のクオリティーと見せ方、そして市場調査です。

ハンドメイドの商品を買おうと思っている人は、手作りのものなら何でもいいというわけではなく、ある程度のレベルを求めています。

いくら一つ一つ気持ちを込めて作ったものでも、クオリティーが低いもの、素人っぽさが出てきてるものは、福島市ではだれも欲しがらないでしょう。

また、どんなに良い作品を作っても、その作品の良さをお客さんにうまく伝えられていない場合、お客さんの足は遠のいてしまいます。

さらに、お客さんがどんなものを求めているのか、どのようなものがよく売れているのかをしっかりと調査した上で、福島市で販売に臨むことが必要です。

この3点を押さえていない人は、ハンドメイド販売で思うように稼げないでしょう。

福島市のハンドメイド販売は売れるものを作ることを心がける

福島市で販売をするにあたって大切な事は、売れるかどうかと言うことです。

作品があっても、売れなければ意味がありません。

とは言え売れるものはどんなものか、ハンドメイド販売を始めたばかりではまだわからないかと思います。

まずは数種類の商品を用意し、福島市で一定の期間販売をしてみて、どの商品が人気があるのかを分析する必要があります。

人気があるものがわかってきたら、その商品の色違いを用意したり、アレンジを加えてシリーズ化したりと、売れるものもベースに幅を広げていきましょう。

売れるハンドメイド販売商品とは福島市だとどんなの?

 数あるハンドメイド商品の中でも福島市でよく売れているものの特徴は、オリジナリティーのあるもの、そしてての届きやすい値段設定がされているものが多いです。

ここ最近ではハンドメイド作家が増えてきていています。

そんな中で自分の商品をたくさん売るためには、他の作家との違いを福島市で見せつけなければなりません。

自分しか作れないようなデザイン、なかなか手に入りにくい素材を使う、ありそうでなかったものなど、アイディアで勝負する必要があります。

また、商品の値段もよく考えてから設定する必要があります。

手間がかかっているから、これで生計を立てたいからといって値段を高く設定してしまうと、これなら他の作家さんから買おうと、お客さんが離れてしまいます。

また、こんなに高いならハンドメイドではなく既製品を買おうと考える方も出てきてしまいます。

反対に、手の届きやすいよう、福島市でリーズナブルな設定にしすぎてしまうと、実物は安っぽいのかしら、安すぎて不安だと思われてしまい逆効果になってしまいます。

商品に値段をつけるときは、材料費とのバランスを考えながら、ちょうど良い数字にしましょう。

ハンドメイド販売商品に付加価値をつけ福島市でアピール

既製品と違い、ハンドメイドは作家さんとやりとりができる機会があるという特徴があります。

例えば、ピアスの穴を開けていない人が、「このピアスが気にいったが、私はピアスの穴を開けていない。
イヤリングにしてほしい」といった要望に、ハンドメイド商品なら答えることができます。

少しのリクエストならお受けできます、イヤリングの変更可能ですなどのオプションをつけたりすることで、ハンドメイドにさらなる負荷価値をつけることで福島市でアピールすることができます。

また、福島市で商品が売れた際には、小さな手書きメッセージを添えたり、可愛く梱包したりといった工夫をすることで、さらなる価値を付け加えることができます。

こういった小さな工夫を積み重ねることで、リピーターが増えたり、あなたのファンが増えることにつながります。

ハンドメイドの商品を売る際には、商品以上に得るものがあるよう、福島市で付加価値をつけるようにしましょう。

ハンドメイド商品を福島市で販売する媒体を考える

<段落リード文>
 では、実際に福島市でハンドメイドの商品を販売する際、どの媒体を利用したら良いのかを挙げてみたいと思います。

それぞれの特徴を理解し、自分に合ったフィールドで商品を販売していきましょう。

誰でも知っているネットオークション「ヤフオク」

 圧倒的な利用者数と、その知名度で群を抜いているのがヤフオクです。

たくさんの人の目に留まり、様々なオプションでアピールをする機会を増やすことができます。

最近ではフリマモードと言う機能もよく使われるようになりました。

従来のオークション機能ではなく、自分の設定した価格で商品を福島市で購入してもらえるようになりました。

ただ、学生などの若い人はあまり利用することがないので、アクセサリーなど若い人をターゲットにしようとしている人は不向きかもしれません。

反対に、社会人向けの商品を福島市で販売したい人にとっては、ちょうど良いフィールドだと思います。

手軽なフリマアプリ「メルカリ」

 フリマアプリとして名高いメルカリは、たくさんのハンドメイド作家が利用しています。

スマートフォン1台で簡単に操作ができるので、デジカメやパソコンを持っていない作家さんにとって、とても便利なアプリです。

このメルカリの最大の特徴は、若い利用者が多いと言うことです。

単価の安いものを買いたい、お小遣いの範囲で買い物をしたい方が多く利用している傾向があります。

ハンドメイド商品のターゲット層が若い方にお勧めのアプリです。

また、このメルカリで注意しておくべきポイントがあります。

フリマアプリの醍醐味でもある値段交渉には、応じすぎると後から困ってしまうことがあります。

値下げしてほしいと言う人に答えて商品を打った後、そのやりとりを見た他の人が、この作家さんは値下げをしてくれる人だと判断し、次から次えと値下げをする羽目になってしまいます。

単品だけなら値下げをしないと記載しておくことをオススメします。

ハンドメイド販売の最有力候補「minne」

 ハンドメイド商品が集まるアプリのminneも、利用者が多くて使いやすいです。

メルカリやヤフオクと違い、ハンドメイド商品のみを扱っているため、必然的にライバルが多くなります。

オリジナリティーの高さが勝負になるといえます。

ハンドメイド販売商品の写真は綺麗に撮るべし

<段落リード文>

商品を売るにあたり大切な商品の写真は、必ずこだわりましょう。

お客さんは商品を写真で判断します。

暗くてよく見えなかったり、小さすぎたり、使っているイメージがつかないものは、魅力が半減してしまいます。

そこで、写真をきれいに撮る方法をあげていきたいと思います。

使用してる姿がイメージしやすく撮影

 実際に手に取って商品が見れないお客さんに代わって、写真を見ることで使用している姿をイメージできるよう工夫をしましょう。

アクセサリーなら、実際に着用している写真を用意しておくことをお勧めします。

ファッション系のものなら、モデルの人のサイズも添えておくと、お客さんが自分と比較しやすくなります。

食器類なら、その商品におしゃれな食べ物を添えたりして、実際に使用している光景が載っていると福島市でより良いです。

背景も重要!商品が映えるようにこだわる

 商品だけではなく、その背景も重要なポイントです。

生活感がないというのはもちろん、洒落た小道具を用意して、思わず目に留まるような雰囲気を醸し出しましょう。

例えば、商品がピアスなら、平置きするのではなくティーカップにかけてみたり、英字新聞の上に置いてみたりしてはどうでしょうか。

アクセサリーに関係ないものでも、さりげない小物を置くことで、一気におしゃれな背景を用意することができます。

大きめに撮り細かい部分も見えるように

 
写真は全体像だけではなく、細かいところもよく伝わるように、アップの写真も撮りましょう。

商品の表側だけではなく、裏面まで撮影したりすることも忘れないでください。

ハンドメイド販売商品に関する詳細文を詳しく書く

 写真に添えるハンドメイド商品の説明文にも、工夫が必要です。

ハンドメイドです、ノークレームノーリターンです、かわいいですなどの文章ではなく、お客さんが知りたい情報を細かく載せる必要が福島市ではあります。

代表なものとしては、まずサイズです。

全体のサイズはもちろん、アクセサリならチャームの大きさも別で記載しておけば、お客様よりイメージしやすくなるでしょう。

ネックレスの場合は全長も書いておきましょう。

思っていた大きさと違うかった、もっとわかりやすく書いて欲しかったと言うクレームは、福島市のハンドメイド販売の中でよく発生しがちですので、よく押さえておくべきだと思います。

柄によって一つ一つの商品が少し異なる場合は、そのことを注意書きとして記載しておくことも忘れないでください。

また、お手入れ方法に注意が必要な場合は、そのことも書いておくとより良いでしょう。

ハンドメイド販売をネットショップ運営でやってみる

 これらの他に、自分でネットショップを運営して販売するという方法もあります。

この方法は、他のものと比べて手数料や出店料などを帰ることができます。

サイトのデザインを自分で好きなように設定できたり、自分だけの商品をお客さんに存分に見てもらうことができます。

ホームページを作成したり、編集したりする技術が必要なので、ある程度の予備知識は必要になります。

また、他の手段と異なり、集客の工夫が一段と必要になってくる方法でもあります。

SNSでアピールをしたり、福島市で宣伝活動をすることで、地道にお客さんを増やす必要があります。

はじめに労力がいりますが、その分波に乗った時は安定してお客さんが来てくれる可能性があります。

ヤフオクやメルカリ、minneでハンドメイド販売に慣れてきたという方は、ステップアップとしてネットでの販売に挑戦してみるのもいいかもしれません。

副業情報関連記事